HOME > ROKENグループ > ROKENグループの「思い」・代表挨拶

ROKENグループの「思い」・代表挨拶

  • ROKENグループ
  • ROKENグループの「思い」・代表挨拶
  • ROKENの常識
  • ROKEN物語(コンセプト)
  • ROKENグループのあゆみ

ROKENグループの「思い」

「心」を耕し、「仕事」で鍛え、「人」を育む

中小企業と地域の支援

ROKENグループは、中小企業とそこに働く人々を支援することが使命であり、
そのことが地域経済・文化を維持発展させるものだと信じます。

地域シンクタンク

中小企業をめぐる雇用問題につき、地域社会そして個々の企業に対し、
調査から提言までの「人」と「組織」に関する「地域シンクタンク」でありたいと考えます。

システム・エンジニアリング

中小企業が個々では困難な業務の改善・能力開発・評価システムや、
賃金システム等低コストのツールを開発・提供する「人」と「組織」に関する
「システム・エンジニアリング」こそ必要であると考えます。

代表挨拶

ROKENグループ 代表 髙橋哲男

ROKENグループは、40周年を迎えることとなりました。

社会保険労務士の合同事務所から始まり、人材育成から紹介まで「人」と関わる仕事を通していささかなりと中小企業や地域に貢献出来たのではないかと思います。

これからの時代、益々「人材格差」が「企業格差」になるのではないかと考えます。

それは、時代の変化のスピードは余りにも早く、この変化に適応するのは「人」しかできないからです。 勿論、従業員のみならず、経営者の資質も等しく問われます。

しかしながら、変化に適応できるのは、「しつけ」と「コミュニケーション」という人間基礎力があり、 人間の人間たる特質である未来や周囲を思いやる「想像力」と「本能」から「理性」へという「自己制御力」を持ち、「自己認識力」という「気づき」がある人なのではないかと思い至りました。

そこで、私共「ROKENグループ」は、この考えに基づいた人材開発を行うため「ROKENワークスアカデミー」を創設、 「心」と「仕事」を結びつけた「メンタル・マネジメント」を提唱し、 またそこで鍛えた人材を「志のある企業」等に送り出すべく、ここに「ROKENヒューマン・フォース」を立ち上げました。

人をムダにせず、企業が、地域が発展することこそROKENグループが望んでやまない「思い」であります。

ROKEN グループ
代表 髙橋 哲男


▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) 2012 Produced by ROKEN All rights reserved.