変化が進歩、それが成長、そして競争力

ROKENは「3つのマネジメント」をコンセプトでありスタンダードだと考えております。

  • 「経営者も人、従業員も人」共に育つ人間力こそ
    「ヒューマン・フォース・マネジメント」
  • 「ES(従業員満足度)」が真の「CS(顧客満足)」という
    「ESマネジメント」
  • 「役割」を与え、果たすことが「モチベーション」を
     高めるという「メンタル・マネジメント」

ヒューマン・フォース ― 人が活き、企業が活き、時代を拓く ―

人材マッチングからアウトソーシングまでのトータルサポート

50年後労働力は4000万人減少(▲50%)します。
「人のムダ使い」も「ムダな人」も使えません。 ROKENは、ESの高い企業とよき人材のマッチングをしたいと思っております。
採用やキャリアカウンセリングも「人間基礎力」を土台としたアドバイスを致します。
人事労務のアウトソーシングでは40年の実績をもとに総合的なサポートを提供しております。

ワークス・アカデミー ― 心を耕し、仕事で鍛え、人を育む ―

  • メンタル・マネジメント
  • ジョブ・コーチング
  • しつけ・ビジネスマナー
  • コミュニケーション
  • 適正・能力検査
  • 就職支援トレーニング

「仕事」と「こころ」をつなぐメンタル・マネジメントと人間基礎力

「行動」は「こころ」が決めます。
「仕事」も「こころ」が決めます。
ROKENはこれらを繋ぐ「メンタル・マネジメント」が必要であると考えています。
「仕事」は「人との協力」(社会)で行っており、「しつけ」と「コミュニケーション」が不可欠です。
そこで必要な能力は「対人感受性」であり、それは、「気づき」と「適応力」(メタ・コンピテンシー)です。
ROKENは、これらを「人間基礎力」と考え、人材の育成・再生を考えています。

ROKEN's Interest

ROKEN 人間基礎力の考え方

ROKEN
人間基礎力の考え方

Ⅰ.「社会性」としつけ、「言語」の発生メカニズム。 Ⅱ.「ヒト」の成長のメカニズムと「主体」の確立…


非言語(ノンバーバル)コミュニケーション

非言語(ノンバーバル)
コミュニケーション

500万年程「ヒト」には言語がありませんでした。そこでのコミュニケーションは表情でした。


アサーショントレーニングの考え方

アサーション
トレーニングの考え方

「気づき」、そして「自分で決める」ことが自らを救う…


5Sの技法

5Sの技法

Ⅰ.整理の手法(赤札作成)目で見る整理  Ⅱ.整頓の手法(看板作成)目で見る整頓…


遊びと好奇心が頭を良くする

遊びと好奇心が
頭を良くする

Ⅰ.脳は生命の中心ではなく、入力と出力を繋ぐ中継所  Ⅱ.子供時代が長いほど生物は賢くなる…


ポール・エクマンの研究結果

ポール・エクマンの
研究成果(表情の普遍性)

ポール・エクマンは感情と表情に関する先駆的な研究を行ったアメリカ合衆国の心理学者…


意思決定の手法(ケプナートリゴー法)

意思決定の手法
(ケプナートリゴー法)

Ⅰ.意思決定のメカニズム
Ⅱ.意思決定のプロセスと手法…


コーチングの目的とスキル

コーチングの目的と
スキル

Ⅰ.コーチングの意識と目的
Ⅱ.5つのコアスキル…


社会的思考力

社会的思考力

具体的な状況や場面、文脈の中で、最適解を導き、自他関係を理解したりして、他者と対話的に考え…


スマイルトレーニング

スマイルトレーニング

スマイルが最高のコミュニケーション。心と身体の健康もスマイルから!!


ROKENの5Sの考え方

ROKENの5Sの考え方

ROKENは「整理・整頓・清掃」(3S)の前に、「スマイル・生活習慣」(2S)が重要であると考えます。


人材育成の新潮流し

人材育成の新潮流

Ⅰ.「コーオプ教育」と「インターンシップ」  Ⅱ.PBL(Project Based Learning)…



▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) 2012 Produced by ROKEN All rights reserved.